今週の自治日報

第4054号

2020年5月29日発行

■本号の主な内容

▷感染症対応で専門組織、来年度設立(長崎山梨知事)=2面

▷職員増加で補助引き上げ、児相体制強化へ(厚労省)=3面

▷全世代型社保会議、最終報告は年末に先送り=4面

 

 ■自治欄 =1面

「コロナ禍から浮かび上がる2040年問題」

牧原出 東京大学先端科学技術研究センター教授

 

 ■議会欄 =3面

「ウイルスよりも怖いもの」

山中啓之 松戸市議会議員(千葉県)

 

 ■就任しました よろしく =4面

油野和一郎 かほく市長

国井益雄 下松市長

小泉俊博 小諸市長

 

■地方自治日記 =3面

「『東京』に置く理由」

※取り扱った内容:『東京事務所の政治学 都道府県からみた中央地方関係』

 大谷基道 著(勁草書房刊、A5判、256ページ、本体4000円) 

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読・バックナンバーをご検討の方はこちらから。

第4053号

2020年5月22日発行

■本号の主な内容

▷官民連携でPCR検査体制を強化(神戸市)=2面

▷「オンライン委員会」実施へ会議規則改正(大阪市議会)=3面

▷デジタル技術活用検討チーム設置を表明(鈴木三重知事)=4面

 

 ■自治欄 =1面

「『三つの回避』から『疎の活用』へ」

椎川忍 地域活性化センター理事長(移住・交流推進機構業務執行理事)

 

 ■議会欄 =3面

「新型コロナウイルス感染症の議会運営」

北村純一 議会事務局実務研究会会員、三重県鳥羽市職員

 

 ■就任しました よろしく =3面

鈴木幹夫 甲州市長

臥雲義尚 松本市長

十屋幸平 日向市長

 

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読・バックナンバーをご検討の方はこちらから。

第4052号

2020年5月15日発行

■本号の主な内容

▷市独自の出口戦略発表、段階的に実施(浦添市)=2面

▷全国で一律10万円n支給手続き本格化=3面

▷10万円の電子申請、1116市区町村で受け付け開始(総務省)=4面

 

 ■自治欄 =1面

「持続可能な自治会と行政」

櫻井常矢 高崎経済大学教授

 

 ■議会欄 =3面

「緊急事態時の自治体議会の役割」

目黒章三郎 会津若松市議会議員

 

 ■就任しました よろしく =3面

堀口文昭 八幡市長

 

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読・バックナンバーをご検討の方はこちらから。

第4050・51号

2020年5月1日・8日発行

■本号の主な内容

▷感染拡大防止協力金、今月上旬から支給へ(東京都)=2面

▷DV被害者、避難先で給付受け取り可能に(総務省)=3面

▷地方創生SDGsで官民マッチング支援実施(内閣府)=4面

 

 ■自治欄 =1面

「コロナ禍を乗り越えた先の地域づくりのために」

大杉覚 東京都立大学法学部教授

 

 ■議会欄 =3面

「議会の価値をダンピングしない」

土山希美枝 龍谷大学政策学部教授

 

 ■就任しました よろしく =4面

佐藤健司 大津市長

橋川渉 草津市長

福田良彦 岩国市長

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読・バックナンバーをご検討の方はこちらから。

第4049号

2020年4月24日発行

■本号の主な内容

▷水道料金80%減額、在宅時間の長期化で(堺市)=2面

▷10万円一律給付、5月中にも申請講座振り込みへ(総務省)=3面

▷緊急事態宣言を全国に拡大、来月6月まで(政府)=4面

 

 ■自治欄 =1面

「地域力で新型コロナの克服を」

礒崎初仁 中央大学法学部教授

 

 ■議会欄 =3面

「新型コロナから自治体が見える」

福嶋浩彦 中央学院大学教授、元我孫子市長

 

 ■就任しました よろしく =3面

太田稔彦 豊田市長

鈴木恒夫 藤沢市長

山本龍 前橋市長

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読・バックナンバーをご検討の方はこちらから。

1 2 3 4 5 6
トップへ戻る