今週の自治日報

第4098号

2021年4月2日発行

本号の主な内容

▷地球温暖化対策で実行計画策定(熊本連携中枢都市圏)=2面

▷「地方議会評価モデル」でオンライン説明会(日本生産性本部)=3面

▷地元観光を国が財政支援、1泊最大7000円=4面

 

自治欄 =1面

▷市民活動における学びと実践の循環

名和田是彦(法政大学教授)

 

議会欄 =3面

▷女性や多様な人材の議会参画のために

永野裕子(豊島区議会議員)

 

就任しました よろしく =3面

▷中野五郎(臼杵市長)

▷長谷川寬彦(菊川市長)

▷小山田久(十和田市長) 

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

第4097号

2021年3月26日発行

本号の主な内容

▷オークションで電力契約、2年間で約30万円削減(益田市)=2面

▷認知症条例で政策提言、11自治体を比較調査(日本医療政策機構)=3面

▷小中学生へのパソコン配備、97%の自治体で完了見込み(文科省)=4面

 

自治欄 =1面

▷地域自治への行政支援を考える ―福山市の挑戦―

櫻井常矢(高崎経済大学教授)

 

議会欄 =3面

▷出席停止懲罰最高裁判決を受けて

駒林良則(立命館大学法学部教授)

 

就任しました よろしく =3・4面

▷加藤錠司郎(稲沢市長)

▷伊藤徳宇(桑名市長)

▷下鶴隆央(鹿児島市長)

▷久保田桂朗(岩倉市長)

▷東修平(四條畷市長)

▷臂泰雄(伊勢崎市長)

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

第4096号

2021年3月19日発行

本号の主な内容

▷「不本意非正規」は2.3%、氷河期世代の実態調査(三重県)=2面

▷新たなコロナ検査計画、4月中の策定を都道府県に要請へ(政府)=3面

▷県版デジタル庁のトップ、元ユーグレナ取締役に(三重県)=4面

 

自治欄 =1面

▷コロナ後の新しい日常がもたらすもの

山田啓二(京都産業大学法学部教授)

 

議会欄 =3面

▷続・オンライン議会実現への道程

清水克士(大津市議会局長、早稲田大学マニフェスト研究所招聘研究員)

 

就任しました よろしく =3・4面

▷中野弘道(焼津市長)

▷永見理夫(国立市長)

▷戎斉(新見市長)

▷松村淳子(宇治市長)

▷内田幹夫(魚沼市長)

▷水上実喜夫(勝山市長)

 

新刊紹介 =4面

『都市問題』2021年3月号 特集:東日本大震災の10年

公益財団法人後藤・安田記念東京都市研究所発行(本体750円)

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

第4095号

2021年3月12日発行

本号の主な内容

▷退院・宿泊療養後も4割が症状、嗅覚障害が最多(三重県調査)=2面

▷「所有者不明土地」解消に向け、民法改正案など閣議決定=3面

▷ごみ収集に自動運転車、24年度にも市区町村で導入目指す(環境省)=4面

 

自治欄 =1面

▷失望と落胆の会計年度任用職員制度

上林陽治((公財)地方自治総合研究所研究員)

 

議会欄 =3面

▷本号は休載とさせていただきますのでご了承ください

 

就任しました よろしく =3面

▷針谷力(古河市長)

▷松井聡(羽島市長)

▷林時彦(丹波市長)

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

第4094号

2021年3月5日発行

本号の主な内容

▷時短要請の文書送付、特措法改正後は全国初(神奈川県)=2面

▷地区単位で浸水対策強化、建築物の高床などルール化(国交省)=3面

▷グーグルの教育ICTプログラムに参画(久留米市)=4面

 

自治欄 =1面

▷コロナ後の地域政策は地域自身が考える

片山善博(早稲田大学公共経営大学院教授)

 

議会欄 =3面

▷改革の底辺から底辺の改革へ

高沖秀宣(自治体議会研究所代表(議会事務局研究会共同代表))

 

就任しました よろしく =3面

▷林郁夫(知立市長)

▷山本信治(天童市長)

▷森智広(四日市市長)

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る