今週の自治日報

第4147号

2022年3月14日発行

本号の主な内容

▷高3まで医療費無償化へ、子育て世帯の負担軽減(東京都)=2面

▷消防団員が学校で防災教育、担い手育成へPRも(総務省消防庁)=3面

▷ワクチン3回目、100万回超す(岸田首相接種でアピール)=4面

 

自治欄 =1面

▷コロナ対応の経験を国地方関係に生かせ

礒崎初仁(中央大学法学部教授)

 

議会欄 =3面

▷続 議会のユニバーサルデザインについて考える

内田一夫(元全国都道府県議会議長会事務局次長)

 

就任しました よろしく =3面

▷青木克德(葛飾区長)

▷福田晃(越谷市長)

▷木幡浩(福島市長)

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

第4146号

2022年3月7日発行

本号の主な内容

▷46都道府県が税収増、前年度から一転(22年度予算案)=2面

▷災害ケースマネジメント、人手や財源に課題=3面

▷盛り土、都道府県知事らの許可制に(規制強化法案)=4面

 

自治欄 =1面

▷ポストコロナ・DX時代の自治体職場空間論

伊藤正次(東京都立大学大学院法学政治学研究科教授)

 

議会欄 =3面

▷長野基(東京都立大学都市政策科学科准教授)

 

就任しました よろしく =3・4面

▷夏野元志(射水市長)

▷荻原健司(長野市長)

▷本坊輝雄(南さつま市長)

▷西田正治(筑後市長)

▷泉理彦(鳴門市長)

▷下江洋行(新城市長)

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

第4145号

2022年2月28日発行

本号の主な内容

▷全指定都市が税収増、半数で最大規模(22年度予算案)=2面

▷中心市街地活性化基本計画、取り組み状況を確認(関係府省庁)=3面

▷AIなどによる「ベビーテック」普及支援(経産省)=4面

 

自治欄 =1面

▷コロナ禍に対する財務書類の意義

大塚成男(熊本学園大学大学院教授)

 

議会欄 =3面

▷開かれた議会を実現するための〝議会内開かれた議会〟の実現

中村健(早稲田大学マニフェスト研究所事務局長)

 

就任しました よろしく =3・4面

▷市川雄次(にかほ市長)

▷久元喜造(神戸市長)

▷熊谷雄一(八戸市長)

▷中川幹太(上越市長)

▷三保恵一(二本松市長)

▷新原芳明(呉市長)

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

第4144号

2022年2月21日発行

本号の主な内容

▷同性パートナーシップ制度、通勤者も対象へ(東京都)=2面

▷コロナワクチン、小児は「努力義務」適用外(厚労省)=3面

▷ワクチン接種、100万回達成へ躍起(岸田首相)=4面

4面に、総務省都道府県財政課長・市町村担当課長会議発言要旨

 

自治欄 =1面

▷公営企業の経営改善に向けた新たな取組みの必要性

滝沢智(東京大学大学院教授)

 

議会欄 =3面

▷自治体におけるEBPM推進の意義

永野裕子(豊島区議会議員)

 

就任しました よろしく =3面

▷岸田一夫(鉾田市長)

▷岩谷一弘(春日部市長)

▷伊藤和貴(山口市長)

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

第4143号

2022年2月14日発行

本号の主な内容

▷近隣5市町村と合同で5~11歳向け集団接種(福島市)=2面

▷大阪ビル火災受け初会合(総務・国交両省検討会)=3面

▷流域治水、取り組み状況を確認(関係省庁実務者会議)=4面

4面に、総務省都道府県財政課長・市町村担当課長会議発言要旨

 

自治欄 =1面

▷「循環自治区」を創り始めよう

藤山浩(持続可能な地域社会総合研究所所長)

 

議会欄 =3面

▷地方議会の団体意思決定機関としての位置付け等を地方自治法に明確化

柴田正敏(全国都道府県議会議長会会長、秋田県議会議長)

 

就任しました よろしく =3・4面

▷片山象三(西脇市長)

▷中屋謙治(いちき串木野市長)

▷柴田義朗(玉野市長)

▷石田進(神栖市長) 

▷小林哲也(熊谷市長)

▷坂井英隆(佐賀市長)

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
トップへ戻る