今週の自治日報

2020年6月26日発行

本号の主な内容

▷地元企業などと新電力会社設立(須崎市・日高村)=2面

▷都道府県に病床確保の計画策定要請(厚労省)=3面

▷在宅勤務で生産性低下、職員の6割が回答(福井県)=4面

 

自治欄 =1面

▷ニューノーマルにおける地域観光のゆくえ

大社充(DMO推進機構代表理事、京都大学経営管理大学院「デスティネーションマネジメント論」担当講師)

 

議会欄 =3面

▷新型感染症の恐怖のなかで

神原勝(北海道大学名誉教授)

 

就任しました よろしく =3面

▷花岡利夫(東御市長)

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

2020年6月19日発行

本号の主な内容

▷外出自粛効果、専門家会議で国の政策根拠検証へ(大阪府)=2面

▷導入検討の「オンライン委員会」を試行(東京都議会)=3面

▷小泉環境相と「ワーケーション」推進で意見交換(鈴木三重知事)=4面

4面に、自治の現場にズームイン:藤枝市の「人財育成」担当者に聞く

 

自治欄 =1面

▷地域活動の新しいニーズと専門性

名和田是彦(法政大学教授)

 

議会欄 =3面

▷ハイブリッド議会について考える

内田一夫(元全国都道府県議会議長会事務局次長)

 

就任しました よろしく =4面

▷白川博一(壱岐市長)

▷児玉浩(安芸高田市長)

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

2020年6月12日発行

本号の主な内容

▷協議会が県立高校の魅力向上で答申(福井県)=2面

▷公務員のパワハラ対策本格化、カスハラへの対応も=3面

▷全国初、noteでカタログサイト開設(四條畷市)=4面

 

自治欄 =1面

▷会計年度任用職員を襲う2つの悲劇

上林陽治((公財)地方自治総合研究所研究員)

 

議会欄 =3面

▷コロナ騒動と地方議会

竹下譲(自治体議会政策学会会長・四日市大学名誉教授)

 

就任しました よろしく =3面

▷小林嘉文(笠岡市長)

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

2020年6月5日発行

本号の主な内容

▷全国初、歩きスマホ防止条例制定へ(大和市)=2面

▷国土強靭化年次計画素案に基づき議論(防災・減災懇)=3面

▷給付迅速化へ議員立法、個人番号と口座、名簿で管理(自公)=4面

 

自治欄 =1面

▷リーダーシップと2つの「協働」

横道清孝(政策研究大学院大学理事・副学長)

 

議会欄 =3面

▷コロナ改革と一般質問

ビアンキ・アンソニー(犬山市議会議員)

 

就任しました よろしく =4面

▷山内登(下呂市長)

▷日置敏明(郡上市長)

▷篠田洋司(美祢市長)

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

2020年5月29日発行

本号の主な内容

▷感染症対応で専門組織、来年度設立(長崎山梨知事)=2面

▷職員増加で補助引き上げ、児相体制強化へ(厚労省)=3面

▷全世代型社保会議、最終報告は年末に先送り=4面

 

自治欄 =1面

▷コロナ禍から浮かび上がる2040年問題

牧原出(東京大学先端科学技術研究センター教授)

 

議会欄 =3面

▷ウイルスよりも怖いもの

山中啓之(松戸市議会議員(千葉県))

 

就任しました よろしく =4面

▷油野和一郎(かほく市長)

▷国井益雄(下松市長)

▷小泉俊博(小諸市長)

 

地方自治日記 =3面

▷「東京」に置く理由

取り扱った内容:『東京事務所の政治学 都道府県からみた中央地方関係』

大谷基道 著(勁草書房刊、A5判、256ページ、本体4000円)

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
トップへ戻る