今週の自治日報

第4102・03号(合併号)

2021年4月30・5月7日発行

本号の主な内容

▷ワクチン接種の副反応による休業で助成金(長崎山梨知事)=2面

▷ひとり親家庭に家賃支援、1年就労で返還免除(厚労省)=3面

▷全国100カ所以上を「脱炭素先行地域」に(政府)=4面

 

自治欄 =1面

▷永田町と霞が関のロジック

勢一智子(西南学院大学教授)

 

議会欄 =3面

▷バラマキは止まるか

土山希美枝(法政大学法学部教授)

 

就任しました よろしく =3・4面

▷峰達郎(唐津市長)

▷徳永繁樹(今治市長)

▷荻原貢(芦別市長)

▷冨宅正浩(柏原市長)

▷八板俊輔(西之表市長)

▷馬場昭治(天草市長)

 

自治の現場にズームイン =4面

▷大田区×産業振興 羽田に新産業創出の施設オープン

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

第4101号

2021年4月23日発行

本号の主な内容

▷18県知事が声明、「感染の抑制と医療危機の回避を」=2面

▷国家公務員の定年を65歳に、31年度まで段階引き上げ=3面

▷ワクチン接種状況初公表、医療従事者の進捗率25%=4面

 

自治欄 =1面

▷コロナワクチン接種に明確な指針を

新藤宗幸(千葉大学名誉教授)

 

議会欄 =3面

▷自治体財政の自立を

福嶋浩彦(中央学院大学教授、元我孫子市長)

 

就任しました よろしく =3・4面

▷福井正明(高島市長)

▷若林洋平(御殿場市長)

▷片峯誠(飯塚市長)

▷小椋正清(東近江市長)

▷池澤隆史(西東京市長)

▷松本哲治(浦添市長)

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

第4100号

2021年4月16日発行

本号の主な内容

▷三重県内6町共同で「ゼロカーボンシティ」宣言=2面

▷女性地方議員の6割「嫌がらせ受けた」(内閣府調査)=3面

▷家族の介護や世話を担う「ヤングケアラー」で初調査=4面

 

自治欄 =1面

▷特別区の「2055年問題」

伊藤正次(東京都立大学大学院法学政治学研究科教授)

 

議会欄 =3面

▷政務活動費の使用実態から何が見えるか

辻陽(近畿大学法学部教授)

 

就任しました よろしく =3・4面

▷橋田和実(西都市長)

▷川合善明(川越市長)

▷守本憲弘(南あわじ市長)

▷井出敏朗(能美市長)

▷石飛厚志(雲南市長)

▷櫻井義之(亀山市長)

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

第4099号

2021年4月9日発行

本号の主な内容

▷公共交通維持の税制検討を、4月下旬に答申へ(滋賀県税制審議会)=2面

▷主権者教育推進で有識者会議が最終報告(文科省)=3面

▷固定資産税の口座振替推奨で実証事業、「ナッジ」で効果=4面

 

自治欄 =1面

▷人が生きることは挑戦の連続である

大社充(芸術文化観光専門職大学教授)

 

議会欄 =3面

▷反問権がつくる「討論のヒロバ」

西科純(議会技術研究会共同代表、前北海道芽室町議会事務局長)

 

就任しました よろしく =3面

▷座喜味一幸(宮古島市長)

▷佐藤洋樹(寒河江市長)

▷浅田敏彦(荒尾市長)

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

第4098号

2021年4月2日発行

本号の主な内容

▷地球温暖化対策で実行計画策定(熊本連携中枢都市圏)=2面

▷「地方議会評価モデル」でオンライン説明会(日本生産性本部)=3面

▷地元観光を国が財政支援、1泊最大7000円=4面

 

自治欄 =1面

▷市民活動における学びと実践の循環

名和田是彦(法政大学教授)

 

議会欄 =3面

▷女性や多様な人材の議会参画のために

永野裕子(豊島区議会議員)

 

就任しました よろしく =3面

▷中野五郎(臼杵市長)

▷長谷川寬彦(菊川市長)

▷小山田久(十和田市長) 

 

このほか、地方自治に関するニュースを独自に取材し、お届けしています。

購読やバックナンバーをご検討の方は、こちらから。

1
トップへ戻る